So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

島のその後 [島での出来事]

作業着姿が素敵で…の男性とやりとりがはずんでいます。
自己開示ラリーかもしれません。

やりとりが途絶えたときもありました。
ただ、男性としてのステイタスが分からないままです。
ステイタスがどうあれ、あまり気にならなくなりました。

素敵であることに変わりはありません。
好きを隠したいと振るまい続けていましたが、隠しきれません。

まさか、ここから、島に戻ることもないでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 

クレイジーな人たち [地元での出来事]

昨日、昼時にある社会人で女性の院生と話をしました。
先月、再発ではない、二度目のガンを患い、一週間だけ入院し、
休学することもなく、通学しているというのです。
私には、彼女のような不屈の闘志はありません。
しかも、闘病中なのに、日々三時間睡眠らしいです。
というよりも、島の戦友は、信じられない、
尋常ではない人だという見方でした。
もう一人社会人の男性がいますが、
入学後、日々二時間の睡眠とのことでした。
こういう人たちと比較されて、無理をしいられているのでしょうか。
クレイジー過ぎて、ついていく気にもなりません。
そんだけ寝ないで何を成し遂げているのでしょう。
日々二時間の男性は論文が堂々巡りで進んでいないのです。
普通に寝たら?と率直に思いました。


nice!(0)  コメント(0) 

二度目の大学院でも [地元での出来事]

先週は通学できませんでしたが、今週は通学しています。
島の大学院のごとく、地元の大学院をやめようとしています。
なぜ、進学しようとしたのか、原点に立ち戻りました。
大学教員の友人と話していて、医学部編入学の話題に至ったというのが、そもそもだったのです。
それまで、ただの一度も、医療業界に興味を持たなかったのは、大変もったいなかったと痛感しました。
その後、生命科学の知識が必要だということで、受験用の参考書を購入しました。
対策すれば、筆記試験は通過するかもしれないと思いました。
調べていくと、体力が相当ないと無理だと分かってきました。
その後、方向性が変わっていき、画一化されたカリキュラムの大学院に入学するまでになりました。
二つ目の大学院もしっくりこないまま、水を得た魚になるなど程遠く、むやみにやめるところにきています。
一つ目の大学院のように、ぱっとやめられない状況です。
すでに休学あるいは退学で相談しはじめています。
今回は学費を支払っているので、やめるにしても、取得可能な単位はものにしたいです。
毛色の違う大学院のカリキュラムをみていて、資格取得はできなくても、今の自分が求めている発想に近いものがありました。
新しく進みたい専攻には、今とは違う考え方が必要です。
単に二つ目の大学院がしっくりこないだけで進学してもダメです。
指導教員との面談を突破できなくなるでしょう。
ひとまず、指導教員には経済的な問題があると伝えています。
画一化されたカリキュラムの大学院が人生を変えるとは思えないです。
新しく進みたい専攻の時間割を見ていたら、人生が変わると率直に思いました。
今日学会に参加して、似たような研究に辟易しましたが、それなりの方たちの発表だったのです。
でも、近いうちに、似たようなものはなくなるのかもしれません。




nice!(0)  コメント(0) 

今週 [地元での出来事]

火曜日から今日まで体調不良で通学できませんでした。
明日、日曜日なのに、通学が必要です。
通学は主に夜間で、今まで寛いでいた時間がなくなりました。
日中は仕事、夜は余暇だったので、環境が様変わりしました。
今週は、運動もしてないのに、全身筋肉痛と同様の症状や、
ひきつりだったり、痛みが出ていました。
身体が動かせなくなりました。
日中、家が近所の女性と話しました。
公共職業訓練で休むと、一日でも病院のレシートや長引くなら診断書を提出する義務がありました。
国の機関にいるわけではないので、そこまで、大袈裟になる必要がないことに気づきました。
一週間くらい休んでも、どうにでもなります。
考え過ぎていました。
あとは、流れに乗っていくしかありません。
やめるにしても、このままにしても。



nice!(0)  コメント(0) 

島の男性 [島での出来事]

さきほど、島でお世話になった女性と話しをしました。
私の地元で開催される学会に島の先生が参加するはずだと言うのです。
その島の先生は私の地元の出身です。
島であまり学生に支持されていない先生でした。

プライベートを公にしていないそうなので、既婚未婚は不明ですが、
もし、未婚なら…と母が口にしました。

いろいろなものごとを先延ばししたら、大学院もマイナー私学になって、未婚者が見つかってもマイナーになって…なのかもしれません。

大学時代にナンパばかりしていたひとに似ているひともプライベートを公にしていないと聞きました。

私もプライベートを公にしていません。
島の先生なら、島に戻ることになります。
島に戻ったら、作業着姿でも素敵で…の男性に近寄ってしまいそうです。

もう、誰でも変わらないと思います。
結婚を経験しないよりしたほうがいいと思います。
こだわりも特にありません。

大学時代にナンパばかりしていたひとに似ているひとより、
島の先生の方が将来性ありです。

島をなんとかかたちにして、完成させたいと思います。
完成させて、先が出てきたら、大学院はそこそこでいいのです。


nice!(0)  コメント(0) 

作業着姿でも素敵…その後 [島での出来事]

仕事を終えてから、学校に行くのは、キツく、潤いもありません。
このままだとなんとなくヤバいので、地元の友人と落ち合いました。久々に、恋愛結婚といったトークになりました。

久々の地元の友人は、教会で複数の男性と知り合いになっていたり、
以前私が働いていた大学の職員と交流があり、誰かを紹介してもらう見込みがあるようでした。

このトークが起爆剤となったのか、
作業着姿でも素敵…の男性へ連絡しました。
やや難解な話題を展開したので、「そうですか。私は専門外なので…」と流される危険性がありました。

ところが、思いの外、きちんとした返答がありました。
加えて、10月に島で会える口実をみつけました。

新たな進学先で、よく遭遇する二人の男性がいることに気づきました。
一人は星野源に似ています。
もう一人は大学時代にナンパばかりしていたひとに似ています。

もし、私を含めての登場人物が、ストレートな学生年齢で関われていたら、もっと、楽しく過ごせたかもしれません。

誰かが結婚していたり、離婚していたり、そういうややこしさがなかったのです。

ストレートな学生なら、せいぜい、付き合っているひとがいるというもので済むのに、なのです。

今になって、あの島に戻りたい気がします。


nice!(0)  コメント(0) 

その後の展開 [地元での出来事]

暑苦しい面接官三人の大学院から、合格通知が届きました。
島での出来事を考慮して、環境急変の九州受験は取りやめました。
さきほど、暑苦しい面接官三人の一人と電話で話しました。
今年からカリキュラムが変わり、17時まで働きながら、夜間だけで修了するのはきついという話しになりました。
今は9時から15時か16時くらいまでの仕事を探しています。
島のときは、日中の通学でしたが、空白の時間があって、適度に働こうとしていました。
なにゆえ、交通機関が乏しいので、行きは何とかなっても、帰りはどうしようという状況で、決めかねました。
今にして思えば、生活費も学費も、奨学金を借りることに抵抗がありました。
それで、貯金と働いて得られるお金と奨学金の三本柱でやっていくことにしました。
二年間、可能な限り、働いて得られるお金を当てにしていきます。
受験を取りやめた大学院から、受験開始時間直前に連絡がありました。
会場に来ていないのかというので、行けなくなったことをお詫びしました。
すでに内定していた貿易事務の仕事も話し合いの結果、辞退しました。
更に、修了後の進学先を設定して、電話で直接、未知の教員と話しをしました。




nice!(0)  コメント(0) 

違う方向へ [地元での出来事]

大学院に再び入学するのは、もうやめました。
先週の土曜日、地元で受験しました。
圧迫面接なのは仕方ないのですが、面接官三人の熱気が暑苦しくて、熱中症のごとく、まだ後遺症に悩まされています。
よく、圧迫面接では、ムキにならないようにとか言いますが、私はムキになれるような人の方がそれだけ情熱が溢れているのだと思います。
完成度は非常に高い、でも、難しい過ぎるし、ステップを踏んでいないし、こういうタイプの研究は実際やってみるとつまらないものになる、とこんな評価でした。
面接中はまだ僅かに残っていたやる気で受け流していました。
しかし、面接から日が経つにつれ、馬鹿らしいという思いに至りました。
大学教員の友人が何年も前に言ったことは、面接の場で、的中しましたが、私はもう続ける気はありません。
熱を帯びる面接官を観察していて、気持ち悪くなりそうでした。
地元の行きたかった大学院の先生に同じことを言われたら、違う方向に考えていたはずなのです。
大学のレベルは非常に重要です。
言われたことにありがたがる気持ちが湧くのか、湧かないのかにわかれていくことをはじめて知りました。
短い間でも、それなりの大学で働いていたら、品位は見分けられます。
島の大学院と大差ないレベルで、もっと早い段階であったら、悪くはないはずだったのです。
それよりも、私にはもう入学した後の元気が残ってません。
少し前だとそれなりの投資をしてきたから、後には引き返せないと思い込んでいました。
でも、受験用に学んだ知識から、興味の湧く仕事が増えて、選択肢がまた出てきました。
例えば、障害のある人たちの就労支援として、取得済みのオフィスソフトの資格を活かすこともできます。
大学の仕事で、ICTを活用した最新のスタイルの授業をサポートしていたので、数少ない経験者として、経験を活かすこともできる求人もあります。
父が亡くなったことで、単なる対応だったものが、親身になれる要素が加わりました。




nice!(0)  コメント(0) 

2017-02-16 [地元での出来事]

いっそ、大学院に行くのをやめて、元に戻るのがいいかもしれません。
結局、地元の国立大学院は不合格でした。
今日、九州地方の国立の大学院に願書を出しました。
来週、地元の私立大学院に願書を出します。

改めて、大学院に行きたい理由を自問自答しています。

地元の私立大学院は仮にどこを選んだとしても、
私の出身大学よりもランクがよくないです。
たぶん、このことが、地元から出て島に行った理由でした。

儲からない資格取得だと分かっていて、
それでも大学院に行きたかったのは、
国立の大学院生というステイタスが欲しかったからとも思えます。

今でも、時々、島の人と話をしています。
島は相変わらずで、事態は悪化しているそうです。
最近になって、もし私が島に留まっていたら、事態がましだったかも
という話をしている人が散見されるらしいです。

正直、再び地元を出て大学院に行って、無事に修了できるのか、
という問題を抱えてしまいます。

島より遥かにましな地方都市なのですが、
それでもダメかもしれないのです。

一年通って、一年休むということも考えています。
年月が経ち過ぎて、スタミナ切れです。
もっと早い段階で、入学していたら、勢いで乗り越えられたでしょう。

就職先も探しています。








nice!(0)  コメント(0) 

〆のスーツの途中 [地元での出来事]

もうやめようとしてから、これで終わりにしようと、〆のスーツで説明会に参加しました。
もう、引き返せないのです。
お目当ての先生と面談しました。
研究計画書を差し出し、目を通してもらいました。
資格取得しないで、研究をメインにするのは?」
この言葉で、この数年間が報われました。
「若かったら、ぜひ、そうしたいのですが…資格取得しておいた方がいいと考えています」
こう返しました、私は。

地元の大学院は連戦連敗だった大学院よりランク高です。
ここでこの言葉をきけるとは思いもしませんでした。
しかしながら、まだ、合格したわけではありません。

資格取得がメインの受験生は、どこかに合格したら、それで解決していたみたいです。
私は自分の研究計画書にこだわり続けて、
もはや計画書ではなく、論文になっていたことに気づきました。
もっと、やりたいことを自分の言葉で書いてみたほうがいいと助言されました。
たぶん、ほって置いても堅苦しくなるものだからでしょうか。

説明会の日に、東京から来た彼女と会う約束をしておきました。

翌日、久しぶりの彼女は、私が説明会に参加したばかりの大学で、知人経由でセミナー講師として招かれて、講演したばかりだったらしいです。

彼女は、複雑な経路を歩み続けています。
帰国子女で、起業して、時を越えて大学生になったことのある人物です。

改めて思ったのです。
東京から来た彼女が私と同じ大学を受けていたら、受かっていて、
きっと今のように話をしていただろうと。

彼女は私が経験しなかった経路にいて、私は彼女と遭遇しました。
もし、彼女が私と同じ大学に気づいていたら……と思わずにはいられません。
近いところにいたという話を聞いて、余計にそう思います。

彼女の経路と自分の経路が交わったのが、地元の大学院でした。
はじめて遭遇したときから、話が尽きない感じでした。

それで、あのとき彼女がいたら、今みたいだったのかな、なのです。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -